読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

pao’s blog

生命の美しさに惹かれる人間の1人

お家でゆっくり

学生の頃から図書館が好き。

連勤明けに図書館行こうと思ったけど、今日はお休みです。残念。

 

立ち仕事の連勤なので脚が痛いので今日はお家でゆっくりデー。

 

べっこう飴を作って映画観賞。お菓子が家に何もなくってべっこう飴。あまあま。

 

ズートピア

映像が綺麗で動物たちが可愛い。

可愛くて2回も連続で観てしまった。

 

プラダを着た悪魔

お洒落過ぎるブランドが出過ぎてついていけなかった。お仕事大変そう。

 

ズートピアの映像と動物たちの感情が美しくて何回も泣いてしまった。歳ですかね。

 

そろそろご飯の準備しなきゃ。ほなまたね。

花鳥風月

いとうあさこさんがテレビで言ってた言葉を出勤前に鳥を見て思い出した。

 

「花鳥風月の順番で良い。花愛でて、鳥愛でての順番。あとは風に吹かれ月を見て死んでいく」と。

 

もう風くらいきてるからあとは月見て死ぬだけだって、いとうあさこさんが面白おかしく言っていた言葉が未だに私の中で残ってる。確か去年の9月放送に言っていた言葉。

 

職場で何貰うと嬉しい?という話をしていた時、生命を感じるものが嬉しいので花が欲しいかもと伝えるとドン引かれた。なんでやねん。

 

花とか要らんでしょって言われたけど、動物ではない植物の生命を贈られることに言葉で言い表せない喜びを感じられると思う。

 

恋人や退職や引っ越し祝いにも花を贈ったりするのかな。もっと花を贈り合う文化になっても良いと思うんだけどな。

 

今は花を愛でる段階にもう少しで辿り着くかなってところ。近いうちに花を迎え入れられるお家にして、いつか花を愛せる淑女になれるかな。なりたいな。

 

今日はここまで。ほなまたね。

眠いなら寝よう

自分の出来る範囲で頑張ることが難しいと思う今日この頃。

 

頑張る時に頑張る。休む時に休む。寝れる時に寝て起きる時にちゃんと起きる。この難題に毎日闘ってる人も少なくないような気がする。

 

休憩中も仕事のことしてたり、寝ようと思って気がつくと日にちが変わって睡眠時間が短くなったり、生きるのってこんなに大変だったっけ。

 

仕事に慣れたけど、環境にまだ慣れていないから忙しいような気がするのかな。深呼吸して一呼吸吐いてから、出来ることから少しずつ…ってめっちゃ当たり前過ぎること言ってるなぁ。

 

でもやっぱり身嗜みが大切とか、早寝早起きが良いとか、昔からよく聞く言葉は本当に大切。

 

とりあえず今日はそろそろ眠いから明日に備えて寝よう。ほなまたね。

断捨離

欲しいものリストが大変なことになってきた。お仕事用のものや、プライベート用を含めて軽く20コ近くある。

 

仕事で使うボールペンやシャチハタ、スーツや名刺入れ。プライベートに使いたい眼鏡や靴、財布やバッグ。2週間近くあちこちお店を回って素敵な商品に出逢えたり、未だ出逢えてなかったり。

 

恋に落ちたようにこの子欲しい!と思えるようは商品に出逢えたものは今のところ3コ程かな。なかなか時間が掛かりますね。

 

欲しいものばかり増えていって買いたいなら、買うなら、やることはちゃんとしなきゃね。お家の片付けをして、素敵な商品をお家に迎える準備というものをすべきだと思って今はお片づけとお掃除に励みたいと思う。年度が変わる前には納得のいくところまでお家を綺麗にしたいけど、変にこだわりが強いから間に合うのかな。頑張れ私。

 

よし、そろそろ寝なきゃ。もうこんな時間。ほなまたね。

物欲

あれも欲しいこれも欲しいっていつまで続くんだろう。かと言って色んなお店に欲しいものを探す旅に出ても「これだ!」といった物に出逢えていない。

 

こだわりが強過ぎるんだろうね。

せっかく買うんだったら妥協はしたくなくって、デザインは素敵!でも色味がこうだったら良いのになとか、金具はゴールドじゃなくてシルバーだと良いのになとかであちこち探しては見つからないけど幸せなため息を吐いてる。

 

欲しいものを探す旅に時間を掛ければ掛けるほどまだ出逢わない、いつか共に生きる商品に出逢えた時に商品に対して、作った人に対して、凄く感謝出来ると思うんだよね。

 

色んな人がいて、色んな商品がある。素敵な商品に出逢えた時、きっと私は恋に落ちたような感情を抱くんだろうな。

 

恋したい時に急に恋は出来ないし、期待は大体裏切られるものだから、焦らずゆっくり色んなお店にふらっと立ち寄ってみることにしよう。ほなまたね。

艶やかな色

幼い頃から一貫して好きな色は今も紫。

幼いながらに紫の持つ力に惹かれていたんじゃないかな。

 

女性らしくて、逞しくて、凛としたイメージがあってカッコいい紫。

社会人になってからは、これらの意味に加えて紫にはエロさがあってやっぱり素敵だなって思う。

 

エロさも魅力的なもののひとつ。

艶やかな色の似合う女性になりたい。

 

美しいものを見て、感じて、触れて、美しい人を目指す。「完璧を求めてはいけない。完璧を目指すことが大切」って誰かが言っていた気がする。

 

今日はここまで。ほなまたね。

 

この歳になって

今日は似合わないと思いつつ、勧められた服を着てみると凄く決まってた。

 

やば、自分美人やん。

って恥ずかしいことが口に出せちゃうくらい似合ってた。もちろん口には出してない。

 

似合う洋服に出逢えたことに、似合う洋服を提案してくれた人に感謝ですね。

 

今までお洒落なんて別に…とか考えてたけど、お洒落に興味無い昔の私は人に対しても興味が無かったと思う。

 

今は人に興味がある。そう思えるようになってお洒落にも興味が出てきた。

お洒落をすることは相手に自分の敬意を表すことだと思えるようになって洋服とお洒落の大切さをこの歳になって勉強中。

 

素敵な人と洋服にこれからも出逢いたいな。そろそろ寝よっと。ほなまたね。